間取り事例「おひとりさま女性だって快適に一軒家暮らし♪そんな夢かなう間取り」

間取り事例「おひとりさま女性だって快適に一軒家暮らし♪そんな夢かなう間取り」

Pocket

一人前の大人として、一軒家に住んでみたい!というシンプルな思い。ファミリーでも男性でもなく、夫に先立たれたわけでもない独身の女性が、そんな夢を描くのはおかしいでしょうか?

戸建ての住まいには、マンションにはないメリットがあります。ゆとりのある間取りに、たっぷりとした収納。ガーデニングの楽しみもあるし、ペットも飼える。マンションほど生活音に神経質になる必要もなく、のびのびと暮らせます。女性だから、シングルだからという条件は、その魅力を否定する理由にはなりませんよね。

独身女性が戸建てに住むにはいくつもの障壁がありますが、取り払うことは不可能ではありません。壁が消えた時…そこに広がるのは、快適でオシャレな一軒家暮らしの世界。今回のコラムでは、シングル女性が抵抗なく住めるように企画された戸建て住宅をご紹介します。

ご紹介事例『女性だけで敷地をシェア♪安心して戸建てに住める間取り』

間取り参考サイト: http://www.interstation.co.jp/figona/figonamadori

コンセプト企画住宅「リンクハウス」が提案する、独身女性専用の戸建て賃貸住宅「フィゴーナ」。2015年現在は企画段階ですが、「こんな一戸建てなら安心して住めそう」「ぜひ住んでみたい」というおひとりさま女性の声が、世代を問わず寄せられています。このフィゴーナを通して、女性が抵抗なく一人暮らしのできる戸建てについて考えてみましょう。

※当社とフィゴーナは一切関係ございません。あくまで素晴らしい間取りだったのでブログでご紹介しているだけです。

そもそも、独身女性が戸建てに住もうとしない理由はなにでしょうか?さまざまな意見をまとめると、そこには4つの壁が見えてきます。「防犯」「結婚の可能性」「地域参加」「孤独の不安」です。

独身女性が戸建てに住もうとしない理由「防犯の壁」

一人暮らしの女性にとって、最も気になるのは防犯面ではないでしょうか。マンションは戸建てと比べると侵入経路が少なく、すぐ隣の部屋には人が住んでいる安心感がありますね。エントランスにオートロックがあれば、不審者と通路で出くわす心配もありません。でも戸建ては…外部に面した扉や窓が多く、どうしてもリスクが高まります。腕力の無い女性は特に不安です。

【フィゴーナなら?】
コンセプトは「戦う女性のための城」。社会生活を一人でがんばっている女性たちが、安心して羽を休めることのできる空間を目指しています。塀でしっかりと囲まれた敷地の中に、3~6棟のコンパクトな庭付き戸建て住宅が建てられ、外部との門にはオートロックと防犯カメラ。一人暮らしでありながら「豪邸」レベルのセキュリティーの中で生活することができます。

独身女性が戸建てに住もうとしない理由「結婚の壁」

男女を問わず独身者は実家か賃貸マンションで暮らす人が大多数。年齢が若いほどにその比率は高くなります。近い将来、結婚などで大きく生活が変わる可能性がありますから、身軽に動ける状態でいようと考えるのが一般的です。賃貸の戸建てなら?…と思いきや、ファミリー向けがほとんどです。広すぎる上に家賃も高い。自然と選択肢がマンションに絞られます。

【フィゴーナなら?】
フィゴーナはコンパクトな2LDKの庭付き戸建て住宅。おひとりさまでゆったり暮らすのにぴったりのサイズ感です。パートナーが現れたり転勤が決まったりしても、賃貸だから困ることもありません。

独身女性が戸建てに住もうとしない理由「地域参加の壁」

戸建てに住めば、自治会への参加など地域社会との関わりが発生します。心強い反面、一人で暮らす女性にとってはそれも不安のひとつ。面倒な行事やご近所とのお付き合い、トラブルも一人で対処していかなければならない…考えただけで心が折れそうです。

【フィゴーナなら?】
賃貸で一人暮らしの人が地域活動への参加を求められることは、まずありません。同じフィゴーナに住む女性のみが隣人ですから、人間関係のハードルはぐっと下がります。

独身女性が戸建てに住もうとしない理由「孤独の壁」

地域に密着したいわけではないけれど…誰とも交流せず生活するのは孤独すぎるし、何かあった時に怖い。マンションのように、普段は交流が無くても「同じ場所に住んでいる人がいる」という安心感が欲しい。

【フィゴーナなら?】
プライバシーや生活音の気にならない適度な距離が設けられ、ゆったりと暮らせる開放感。そして、同じ敷地に暮らすおひとりさま仲間がいる心強さもあります。
何かあった時に相談したり助け合ったりできる、良い関係が築けると最高ですね。
ちなみにペットを飼うことも可能です。

まとめ

まだまだ一般的とは言えない、一軒家での女性一人暮らし。まずはこのようなコンセプト住宅でトライしてみる、という選択も良さそうです。実際に住みながら、いつか建てるならもっとこんな風に…とイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。あなたにぴったりのマイホームを実現するための、素敵なステップになることでしょう。